息子の関心事

最近の息子さんのしゃべりっぷりが知恵のある感じになってきて、また面白いです。
いまのお得意ワードは「だから」です。

「ジュース飲んだ、だから~、お腹痛い!」とか言う。(ヤクルト飲むといつも痛くなる。でも大好き)

ま、上の使用例はいいとして、もう一つの彼が最近注目していることがありまして

「めめ(←自分のこと)、ちんちん、ある、だから~、おとこ」 うんうん、とうなずく。
「おとう、ちんちん、ある?」
「おかあは?」

…と、確認してまわる。

この前、はじめて一人でトイレに入っていって鍵を閉めちゃって、
外からも開けようと思えば開けられるのでしばらく放っておいたんだけど、
なんか中からゴソゴソ音がするので、「開けてよ~」と言ったら開けてくれたのですが
なぜか一人でパンツ半下ろしでちんちん出してました。

「え、あんた、なにしてたの?」と思わず聞いたら
旦那に「まあまあ」といわれましたが
ほんと、なにしていたんでしょうか・・・。

一人でトイレトレーニングですか。

そんな下ネタばかりですみません。

男の子って面白いです。うちだけでしょうか・・・

あとね、過去形が使えるようになってきて
「きのう、みかんちょ(友人)、きたよ~」とか言ったときは
どきっとしました。
「過去形っ!」と思わず三村のようにつっこみました。

ま、過去はすべて「きのう」なんで、みかんちょが来たのも2週間前とかなんだけどね。
未来はすべて「あした」だし。
おもしろいです。

そんな息子ちゃんも連れて、GW初日に友人の結婚式に出席してきました。
超おいしいお子様ランチをいただいて、ご機嫌でした。
新郎新婦のハッピーオーラのおすそ分けをいただけて、ほんわか幸せな一日でした。

見かけだけはミニジェントルマン

P1030157

| | コメント (0)

保育園生

おひさしぶりです。

じつは息子が保育園に入園しました!

不安定な日々が続く3月でしたが、月末に残り1名ですべりこみ入園できることになり
そこからバタバタと名前付けなどの準備をしていました。

わたしのいとこが保育士で、彼女の働く認証保育所がうちから歩いて1分のところにあり、前から預けようかずっと迷っていたのです。去年はまだ小さかったし、わたしも離れられずあきらめたのですが、今年は思い切ってお願いすることにしました。

とはいえ、どこかに預けられるのはまったく初めてなので、息子も不安みたいです。いままでも何度か保育園に遊びにいったことはあったんですけどね。震災の日も、怖くてそこに避難させてもらっちゃったし。

今日で慣らし保育3日目。1、2、3時間と時間が増えていっています。初日はバイバイするときに泣くのを我慢してすごい顔になっていました。保育園はこういうところだよ、こんなことをするよ、って話はたくさん伝えてきているんですけど、やっぱり泣き叫ぶ赤ちゃんたちに影響されちゃうみたいで。

でも、ちゃっかり、若くてかわいいお姉ちゃん先生を好きになって、いつもその先生に抱っこしてもらっているみたいです。そして、いとこが「Hちゃん来る?」と言っても、お姉ちゃん先生にしがみついて離れないらしい・・・(さすが、息子。わたしもその先生はかわいいと思ったぞ。)

「泣いていいんだよ~、って声をかけたら泣いてました。」と初日にその先生が言ってくれて、わたしは心底ほっとしました。

感情を押し込めずに、ちゃんと泣かせてくれるんだ!
なんて懐が深いんだろう、と思いました。

わたしも、気持ちに寄り添って子育てをしていきたいと思っていて
泣くのも笑うのも怒るのも、どれも素敵な感情表現だと思っていて
どれかを封じることだけはしたくないな、と思っていて。

入園3日目だけど、いい保育園だな~と、すでに思ってます。園長先生も美人であたたかい人で素敵です。

今朝も別れ際はぎゃん泣きだったけど、公園に行ったらキャッチボールをしたり、葉っぱ遊びをしたらしく、だんだんと楽しんでくれたらいいな、と思います。

母のほうとしては、この数時間だけでも、すごく家事がはかどるので笑っちゃうくらい。
いままで、いちいち中断されていた、掃除洗濯が、こんなに短時間で終わるものだったのか! と思い出しました…。

しかも、これまでと疲れ方が全然違う!!(笑)
その分、心に余裕ができてきて、子どもを愛おしく思えるようになりました。

ま、帰ってきたらいつも以上にべったりになったので、久々におんぶひもを出して料理しましたけどね。
もう、自分の足で立つ気もないらしい。完全に抱っこかおんぶらしい。

明日はついにお昼寝の練習。できるかな~。

最近話すのがうまくなってきて、「おねえちゃん みたい しぇんしぇい いる」 とか話しています。

最近、息子になぜか「えみちゃん」と呼ばれている母。保育園でも泣くときに「おっかぁ~、ママー、えみちゃーん」と叫んでいるらしい。変な気分。

201104011718000_3

| | コメント (4)

アブチョン

春眠暁をおぼえず・・・

パパ、見送れない日々が続いてごめんなさい。

息子と二人、そっくりな寝相で、そっくりな寝顔で見送ってごめんなさい。

目覚めると、息子が「おとうさん」と呼びかけます。

その頃には、すでにあなたは会社ですね。

ああ、眠い。

きっと花粉症のせいだと思うわ。

さて、そんな季節がやってまいりました。

日に日に、日差しが強くなりますね。

息子も日々、成長中。

先日はじめて言った三語文は

「じゅーでん。おわった。ビーオ!」

でした。

「充電終わったからビデオ見る!」ということです。

将来は電化製品に詳しい少年になることでしょう。

完璧に自分で操作をして、自分のビデオを見続けております。

一日で充電が切れるほど、見続けております・・・

そして、新ネタも日々増えております。

いま流行っているのは「アブチョン!」です。

「あああああー、うううううー、アブチョン!」と言って、間をとってからキメ顔をします。

まったくの彼のオリジナルなので、誰も止めることができません。

機会があれば、見てやってください。

だっふんだ! 的な感じですので。

男の子ってこんなにおもしろいんですね。

それともうちだけ・・・?

母さんは、みぞれ混じりの日になると創作意欲が出るらしく、

このまえの寒い日に、トランスパレントをまた折り紙しました。

黄色がお気に入りです。細いとかわいいな。

P1030038

| | コメント (0)

トランスパレント

前から探していたトランスパレント用紙、いつもの宅配で扱っていたので買ってみました!

もともとは北欧で凧を作るために使われていたという、トランスパレント用紙。半透明なので、これを窓辺に飾ったら、どんなに綺麗かなと思いまして。

今日は、午前中、雪もちらついて出かけられなかったので、息子と一緒にちぎったり折ったりしてみました!

わ~い、楽しい~♪

しばらくは息子も興奮して、ちぎって窓に貼っていたのですが、途中から飽きたらしく、ふざけ出したので、母は一人で作りました。

一種類しか作らせてもらえなかった…。もっといろんな形をつくってみたかったよー。
また今度こっそりやろうっと。

(息子はこういう工作系より、プラレールの方が楽しいらしい。母は、ああいうの組み立てる能力が低いみたい。この前、組み立ててくれというので、仕方なくやってみたのだが、25分かかっても線路が完成しないのを見て、息子がそっと箱にレールを片付け始めたときは、情けなかった…)

P1020904

☆は母がちぎりました。貼ったのは息子。

P1020905

緑の方は、数年前にお友達のうちの娘さんがお手紙といっしょに送ってくれた作品。気に入ってずっと窓に貼っていました。もうすぐ小学生ですねー。わたしの作ったピンクが仲間入り。別の形も作りたい~

トランスパレント用紙:こちらでも買えるみたいです↓
こびとの森

| | コメント (0)

おっかあ

それは息子2歳の誕生日の朝のことでした。
目覚めると一言「おっかあ」と。
ん?
わたしのこと?
昨日まで確かあなた「ママ」って呼んでましたよね?

我が家では、親は自分のことを「お父さん」「お母さん」と呼んでいるのですが、他の人たちが「ママ」と呼ぶので覚えたらしく、ずっと「ママ」と呼ばれていました。『期間限定で男の子に「ママ」なんて呼ばれるのもなんかかわいくていいかも~♪』と思っていたのですが、終りは意外と早くやってきたのであった…

「あれ?ママって呼ばないの?」と聞くと、首をふりふり、「おっかあ!」

「なんで急に。2歳になったから?」と聞くと、

指を一本たてて「ママ!」、次に指を二本たてて「おっかあ!」と言いました。

この人、2歳に見えて中身は大人なんじゃないかと思うときがあります。

それ以来、すっかり「おっかあ」になっちゃった。フラのお友達には「『おしん』の香りがするね」と言われました…

「おかあさん」とは呼びたくないそうです。たまに「おっかあママ」と言います。そして「おかま!」というときもあります・・・

最近は、魔の2歳児っぷりを発揮して、道の真ん中で大泣きして座り込んだりしています。よく見かけた光景を自分たちがやっていると思うと、笑ってしまうわ。もちろん苦笑ですけどね。

寝たふりブーム続行中。

P1020829

このあと、同じことを母もさせられる…(お見せできません)

いつも、面白い顔しかのせてないので、悪いなと思って
「じゃあ、かっこいい顔してみて!」といったらこんな顔でした。

P1020868

なぜ、耳を引っ張っているのだろう。
何度も「それがかっこいい顔?」と確認したのですが・・・

| | コメント (2)

ボケ担当

きのうで息子が2歳になりました。周りの方には「あっという間だね~!」といわれますが、親としてはようやく2歳になってくれた感が。2歳になったかぁ。感慨深いわぁ~。

誕生日は特に予定もなく二人で過ごしたのですが、まあ、彼の好きなことをさせるのが一番かなと思って、公園散歩して、大好きなねこちゃんを見たり、橋の上から池に向かってシャボン玉をしたり、電車を見たり・・・

っていつもと一緒ですけど・・・

夜はちゃんとパパが買ってきたケーキのろうそくをフーして、お祝いしました。2歳になったこともわかっているらしい。

しかし、このところ、ひょうきんぷりがますます目立ちます。完全にボケなのです。いちいちツッコミするのが大変です。つっこむまでボケ倒すし。

結構大きな花瓶を持ってきて、「お茶、どーじょ」というので、飲むまねをして、「あー、おいしい。・・・って、これお茶じゃないよっ!」というと、クフフっと笑います。そのあと、自分でも「あーおいし・・・って、△○△○っ!!」と、ノリツッコミして笑っていました。

最近のもちネタ顔芸は、かわいいねこちゃんと、怖いねこちゃんです。ねこ好きなのに、怖い顔のねこちゃんも演じております。

あとは、パジャマのズボンを履くときに、わざと同じ方に両足入れて「おー?」とボケる、とか。(毎回やる)

写真をとるときはわざと目をつぶる、とか。

いちいち笑ってしまいます。わたしが笑うからウケると思ってやるんだろうな。ま、面白い子ども好きなので、よかった。ちょっと変で。

以下、写真をご覧くださいませ。

息子がついに撮りテツに。。。のすたるじー。

P1020750_2

ケーキを頬張りながらも、目をつぶる。

P1020777

笑いながらも目をつぶる。

P1020782

かわいいねこちゃんのまね。

「にゃーお」と言ってます。

P1020693

怖いねこちゃんのまね。

ほんとに怖いのでお気をつけてごらんください。

・・・。

P1020689

| | コメント (6)

おもちゃ棚

この2年間、おもちゃが増えつづけ、最近では置き場がなくなってあちこちの床が定位置のようになってしまいました。さすがにこれは掃除のたびに邪魔なので、おもちゃ棚を新設することにしました!

いままではおもちゃ棚は和室においておいたのですが、いっそのことリビングに。いつもここで遊んでいるし。リビング用の棚を買い換えて、前に使っていたのを息子用に。

ごらんください。ジャーン!

P1020658_3

シュタイナー教育のまねをして、自然素材のかごを並べて、ここにおもちゃを収納しようかと。かご大好きなのです、わたし。集めてディスプレイしてみてうっとり~☆

思い入れもあるんです。あのかごは、ハワイから持ってきたもの、あれは、友人が結婚祝いに作ってくれたもの、あれは母からもらったもの、あれは一目ぼれして買ったもの…。(実はこのほかにも、まだあるのです。いい形のかごを見ると手が伸びてしまい、旦那さんに呆れられる…)

このまま眺めていたいけれど、それじゃしょうがないので、ここにおもちゃを入れてみます。

木のオモチャがいいな、と思って、義父母に買っていただいたシリーズ。

P1020662_3

こちらは、シュタイナーのバザーで買った自然素材の手作りおもちゃ。異常にかわいい。。ときめくわー☆ (息子はそうでもないらしい・・・)

P1020663_3

そして彼の大好きなプラレールやブロックや絵本をつめると、こんな感じになりました。まだ、他にも一箱あるし…。この棚に、ちゃんと片付けてくれるようになることを祈る!

P1020666_3

| | コメント (4)

かえるクン

P1020649 こちら、息子の親友の「かえるクン」です。どこでも見かけないこのキャラ、いとこの写真の作品展を見にいったら、いとこの友達がくれました。それ以来どこにいくのも「かえるクン」といっしょです。

チャイルドシートもベビーカーも、かえるクンといっしょなら座ってくれます。ごはんやお茶も、「どうろー(どうぞ)」とかえるクンに先にあげてから自分が食べます。着替えを嫌がるときも、かえるクンと同じ赤白のしまのシャツなら着ます。

助かるぜ、かえるクン。グッジョブ!

さて、先週から親子ヨガに行きはじめました。フラは大泣きするのに、ヨガは体勢が低いからなのか?、まったく泣かずにご機嫌に遊んでくれていました。これならやっていけそう! と思った矢先、どうやらノロウイルスをもらってきたらしく、翌日からが大変でした・・・

(お食事中の方、読まないでね)

こんなに嘔吐下痢がひどいとは。こっちもはじめての経験で慌てふためいて、何度も両手で受け止めてしまった・・・。早く洗面器という文明の利器に頼るべきだった。受け止めながら「こうして人は親になるのね」なんて、しみじみと感じておりました。不幸中の幸いだったのは、夫が出張中で実家に帰っているときだったので、洗濯と食事作りは母がしてくれたことです。医者にいくのも、父が車を出してくれたり。ほんと、一人だったらパニックになってしまいそう。

三日三晩看病して、ようやく普段どおりの元気が戻ってきたのですが、はい、もちろん、わたしもうつりました。あー、気持ち悪かった~。(そして母もうつったらしい・・・)

そんなところへ、以前勤めていた出版社の方からお仕事をいただきました。テキスト入力なので自宅でもできるし、息子も落ち着いてきたから大丈夫だろうと思って引き受けました。

久しぶりにお仕事をして、OL気分を味わえて楽しかったです。やっぱり仕事って楽しいわ。子どもの話題以外のことで人と会話できるって新鮮! 楽しい。土日にかかったので、夫が子どもの面倒を見ていてくれて助かりました。

そんなこんなで、1月があっという間に過ぎていきます。実は年末からずーーっと体調が悪くて、あまりぱっとしないのですが、それでも楽しいこともありつつ、日々は過ぎていきます。

もうすぐ2歳だな~。不思議。あの人は、いまでも不思議な行動をして笑わせてくれます。「ジッチョン・ジッチョン!」と言いながら、変な歩き方をしたり、わざと怖い顔をして走ってきたり。

きのうは、台所からボールとトレイを5つ持っていって、「お茶!」→飲むまね→「あーおいり!(おいしい)」、「ビー!(ビールのこと)」→飲むまね→「あーおいり!」、「ジュー!(ス)」→飲むまね→「あーおいり!」をくりかえしてから、急に床につっぷして寝たふり。

という演技?をしていました。お父さんがビール飲んですぐ寝ちゃうからかなぁ?謎。

言葉が出はじめて、病気も乗り越えて、「自我」も発達してきたのか、ちょっとしたことで大泣きしたりしはじめました。これがよく聞く、魔の二歳というものか・・・

その泣きっぷりたるやすさまじく、我が家では「絶望絶叫」と呼ばれています。この世の終りみたいに泣くんだもん。たとえば、いちごを自分で洗いたいのに、わたしがささっと洗っちゃったときとか。めんどくさい・・・

みんな世の親というものは辛抱強いのだねー。尊敬しますわ。ひとごとみたいだけど。

| | コメント (2)

め!

最近、息子は、自分のことを「め!」と呼ぶようになりました。名前の一文字をとって。そこ取ったか~。

なんでも自分でやりたがるので、ことあるごとに「め!」を連呼しております。

あとは、「ママ、かっ。わっ。い~」を習得させました。おかげで毎日かわいいと言ってくれます(笑)

この前、お風呂に入ろうと服を脱いでいたら、突然わたしの股のところを指差して、ハイハイをしはじめたので、びっくりしました。誰も教えてないのに。。。

「そっかー。「め」は、ここから来たんだ?よく覚えてるね~」と言ったらうなずいていた。

別の日も、しまじろうのおきあがりこぶしを持って、お腹を指差してハイハイをしたあと、人形をひっくり返して真下を指差して、「ポンっ」と言いながら出てくるまねをするので、びっくりしすぎました。

出てくる位置がリアルなんですけど・・・(笑)

もっと話し始めたら、お腹の中のことを覚えているか聞いてみようっと。

そんな「め」さんですが、先日お友達のうちに遊びに行ったら、そこのうちの女の子と仲良く笑いながら遊んでくれて、嬉しかったです。他の子と遊べないのかと思っていたけど、ちゃんと相性の合う子とは一緒に遊べるのね。。。感謝。

言葉が出はじめて、また少しわたしとの間に距離が出はじめたな~、と思ってみています。他の人やものにすごく関心を持ちはじめたみたい。

P1020560_2 ちらっ

| | コメント (2)

サンタさんが見てるよ

「サンタさんが見てるよ」の一言で、息子のイヤイヤを阻止しております母です。クリスマスって使えるわぁ~。うちにはツリーや飾りつけなんてものはないのですが、散歩に出ると、あちらこちらのショーウインドーにクリスマスツリーが輝いていて、息子も見つけるたびに嬉しそうに指を差して笑顔になっています。

「あのね、いい子にしていたらサンタさんプレゼント持ってくるかもよ」というと、自分の頭をなでなでして「いい子」をアピール。これのおかげで、食べ物は投げなくなったし、歯磨きもひざの上でするし、パジャマも自分で着ようとするし。助かる~!サンタさん!ありがとう。

よいことをしたら、「あ、これもサンタさん見てるね~」というと、カーテンを開けて窓の外に向かって「おーい」と言いにいきます。いちいち言いにいくのがおもしろい。

25日が楽しみだね。それを過ぎたら、どうしよう・・・

ここのところ12月とは思えないあたたかさで、思わず「秋晴れ」と思ってしまうけれど、冬至も近いのですよね。

近所の広場に散歩にいったら、フェンスにつるがからまっていて、オレンジの小さい実がたくさんついているのを発見。息子ほっぽらかしで、母はつるを巻き取っていただいてきました。太陽に当たると、宝石みたい。息子の砂場用のバケツにいれて収集してまいりました。

広場から帰る時に話した交通整備のおじちゃんに、息子が「1」とか「2」とか「OK」とか指でやって見せたら喜んでくれて「これはまだ早いか~」って言いながら、小指を立てて見せていた。それはまだ教えなくていいから(笑)

帰ってきて、この前吉祥寺で衝動買いした「Welcome」のワイヤーボードに巻いてみました。うちにあった赤い実と一緒に。これでいつでもお客さまウェルカムでございます。

遊びにきてね☆

P1020501_2

| | コメント (2)

より以前の記事一覧