沖縄の旅

沖縄に、いってきました。
雨の中飛行機も無事について。

スコールのように突然どしゃどしゃと降ったりやんだりの天気でしたが
ちゅら海水族館に行ったり、ドライブを楽しんだり、リゾートでのんびりしたりで
楽しく過ごせました。

わたしも妊婦なので、そのくらいゆるい過ごし方の方がよかったし
息子はコテージの広いベッドとお風呂にはしゃいでました。
今回泊まったのがちょっと隠れ家的なリゾートだったんですが、
つんくがいた! かわいい子どもたちといいパパ風味だった。
(そんなによく見てないけど)

長年の憧れの沖縄はやはり、なんともいえないいい感じでした。

今回は本島だけなので、わりと都会というか、観光客も多いし基地も多いし
那覇に行けば原宿みたいだったけど
今度は離島にぜひ行ってみたくなりました。

最終日に晴れ渡った青い空と蒼い海を見て、胸がきゅんとしました。(死語ですか?)

沖縄のことばも懐かしくて、「○○しましょうね~」の響きがかわいくて大好き。
みんな優しくてよくしゃべるし、あたたかいです。

もう、帰りたいです。沖縄に。
帰りに空港までのったタクシーの運転手さんが
「今度は秋か冬に来るのをおすすめしますよ」と言っていたので
木枯らしの冬を抜け出して薄着でいってみたいな。

息子は、久々に公園で思う存分遊んだり(こっちは暑くてへろへろになったけど)
はじめて大きなプールに入ったりと、彼なりに楽しかった様子。
3泊目には「めめのおうちに帰る!」と言い出したので、3泊が限度っぽいこともわかり
勉強になりました。

また行こう。

P1030320

おひめさまベッドと大きさ比べ

P1030372

はじめてヤドカリと出会った

P1030390

海は足だけだった。しかも1分で飽きる

あ、書き忘れましたが、沖縄料理がめちゃくちゃおいしかったです。

フーチャンプルー、ゴーヤチャンプルー、島豆腐、海ブドウ、沖縄そば、

グルクンのから揚げ、揚げ出し豆腐、ドゥル(田芋)の天ぷら、もずくの天ぷらetc

なかでも、古民家レストランで食べたアグー豚のしゃぶしゃぶが、いままで食べたことのないくらいおいしかったです。

おすすめ。ああ、よだれが。。。

http://www.ufuya.com/

| | コメント (0)

秋川

季節はすっかり秋、というわけで、秋川へ行ってきました。(←どうしてもオヤジギャグが言いたくなった)

友人家族(ひろねえのうち)と友人カップル(ベッキ~♪さんたち)と、うちの家族の合計8人。秋川渓谷「瀬音の湯」というところに泊まってきました。

http://www.seotonoyu.jp/

P1020404(あ、この前の土日の話です。あっというまにもう一週間か。。。タイムリーにブログがかけるだけの体力がないわ。笑)

久しぶりにみんなでの旅行。結婚前に行った温泉ぶりかしら。もう6年前だ。やっぱりにぎやかなのは楽しいです。仲間内に子どもが二人増えて、一緒に遊んでいる姿を見るとしみじみしました。

P1020429他の子とあまりからまないうちの息子氏も、一つ年上のお姉ちゃんとはつかず離れず接していて面白かった。やられキャラなので、押しが強い子には負けてしまうのですが、お姉ちゃんはいじわるしない子なのでよかったみたい。

息子をパパに預けて温泉も入れたし、一棟建てのコテージも綺麗でよかったし、何より、カップル組が作ってくれた手料理のおいしいことおいしいこと!!!豚しゃぶの自家製ゴマだれおいしかった~。ステーキのあとのガーリックライスもうまかった~。前日から仕込んでくれた味玉、さいこーでした。あの彼のキャベツの千切りは、わたしより数段上手でした。見習いたいです。

あー、ご飯を作ってもらえるって極楽よね~。

話し変わりますが、他のママたちのブログを見るといつも幸せそうでいいなぁーと思ったりします。

そんなに楽しいだなんて、本当に羨ましい。

わたしなんて、今日は3つも公園をはしごして、それでも体力の余っている息子にイラッときました(笑)。母さんの方が疲れるわー。

この前は、おもちゃを片付けないのにイラッときて(いつもイラッときてますね)、「片付けないなら捨てるよー!!」と一つ本当にゴミ袋に捨ててみせたんです。そうしたら、自分で次々に捨て始めた。

「いや、捨てなくていいから・・・」と思わず弱気になる母。

わたしが料理をしているときは、いつも足元で不機嫌そうに「バーブー」わめいてはものを散らかしているので(本当に文字通りバーブーと言う)、「てめーこのやろー朝から晩までグチグチうるせーんだよー!」と、ヤンキー風に言ってみたところ、ぎゃはははーと笑われました。

やはり慣れない口調だとギャグだと思うみたいです。

そんなわけで、わたしは、正直そんなに楽しくない。うちの子、一人遊びは全然しないし。確実にトイレにもついてくるし。(今では自動で流れて蓋も閉まります。たまに紙もくれます。。。)

でもべったりされるのも、今だけだと思うと、少しは我慢しようかなとも思う。保育園に預けて仕事をするほうがよっぽど楽しい気もする。でもやっぱり仕事と彼との時間を天秤にかけると、今は子どもなんだよなぁ。

来年はどうしようかなぁ~~、と少し思います。

今日はちょっとグチってみたよ。。。はー、公園3つもはしごしたからだ。。。夕焼けがきれいだったよ。

| | コメント (0)

車山高原へ

夏休みは長野県の車山高原へいってきました。

2年前にスキーで訪れた「ぎんのさじ」という宿にまた泊まって来ました。

(そのときの記事はこちら)

いやー、前回は夫婦ふたりでしたけど、とってもくつろげたお宿で、今度は子ども連れだったけれど、やっぱり居心地のよい素敵なところでした。

とにかく、夏も涼しい!!(標高が高いので、年間最高気温27度とかだって)

そして静か。テレビもないので、本が読み放題。

食堂の横のプレイルームで、子どもたちは遊び放題。

お庭には大きなすべり台、ブランコ、三輪車など。

日がな一日、ぼけーっと、木々が風に揺れる音を聴いているだけでも、気持ちが澄みます。

たっくさんある本の中から、今回は何を読もうか迷ったけど、母になったのでやはり育児ものに目が行き、西原理恵子の「毎日かあさん」を読みました。

西原理恵子が一男一女を育てている話がマンガになっているのですが、息子の「根っからのアホ」っぷりと、娘の「生まれながらにして女」っぷりが描かれていて、大爆笑してしまいました。男女でこうも違うものか・・・。

彼女の亡くなった旦那さん(元戦場カメラマンでアル中で癌で亡くなった)のことも描かれていて、家族愛にほろりとさせられたり。

1、2巻がおいてあったんですけど、帰ってきて続きが読みたくてブックオフへ走りました。アニメ化もされてるのね。見たことなかったけど。

とにかく、おもしろいです。男の子はおバカでもいいから、外で遊んで泥んこになって、健康で大らかに育ってほしいなぁ~と、読んでいて思いました。ま、彼女のうちはすごすぎだけど。

あ、話が脱線しまくった。

それではここからは写真でどうぞー

P1020127 泊まったお宿。ぎんのさじ。はちみつ蔵がとなりにあります。味見し放題。

P1020133_2 ひがないちにち。ぼんやりできる庭

P1020105 車山高原。冬はとっぷり真っ白でしたが、夏はこんもり高原なのね

P1020110 牧場でひつじに餌やり。そのへんの雑草をむしってあげるのが楽しい

P1020112 一人でもできるもん

P1020113 牧場で食べたビーフシチュー。おいしかった(この写真はどうかと思うけど・・・ライスメインかよ、と。お腹すいていたので雑ね)

P1020153_2 『陶仙房』という陶器とカフェと天然酵母のパンのお店発見。こういうとき嗅覚するどいの

P1020155 小川のせせらぎを聴いて、木漏れ日の下でカレーを食べる。うまいですとも

P1020161 釣り堀にて。初ハンモックににやける息子

2泊3日でしたが、楽しめました。毎年行ってもいいなぁと思ってしまいました。宿のお料理を撮らなかったけれど、ほんとうにおいしいの。手作りの家庭的な味なんだけど、一つ一つに手間かけているのが伝わります。

あー、また旅したいっ。

| | コメント (7)

磯部温泉へ

P1020039_2 おじいちゃんずおばあちゃんずパパママ子の7人で、初めての一泊旅行に行ってきました。

うちの父の退職記念旅行という名目で(結局、いまだにほぼ現役で仕事しているんですけど)、磯部温泉に行ってまいりました。(正しくは、連れて行ってもらっちゃいました。わーい)

短い時間だったけれど、久しぶりに一人で温泉に入れて極楽でしたー。

髪を乾かしている頃には、母を探して女風呂まで来てしまったけれどね・・・。

P1020044_2子は、大好きなおじいちゃんおばあちゃんが一度に集まったものだから、大興奮で、夕食のあいだじゅう、部屋の中をぐるぐるぐるぐる回ってスキップしておりました。あっちで、ごはんをもらい、こっちでおつゆをもらい。

パパママはゆっくりご飯が食べられてしあわせ。

ただ、部屋の洗面所に大きいゴ・・・が出て、もう、何年ぶりかの出会いだったもので、「ひーーえーーー!!!」と恐怖におののきまして(宿の人がすぐに来てくれたけど)、こわすぎて眠れなくなり、やっとウトウトしたかと思ったら、ネズミが襲い掛かってくる夢を見て、「うわー」と叫んで、旦那に起こされるのでした。

本当に、怖かった。それさえなければ、よいお宿だったのだが。

でも、子が楽しそうだったのでよかったです。

帰りは、群馬サファリパークに寄りました。子は最初に見たキリンにかなりびびって固まっていました。でも、子ヤギを触って嬉しそうでした。

子を産む前は、絶対女の子がいい!!と思っていたのですが、男の子ってやっぱり可愛いなぁ~~と思う今日この頃です。

なんか、母にべったりなのも正直うっとおしかったんだけど、最近それすら愛おしい感じになってきましたわ。(時と場合によるけどね。)

寝たふりごっこが少し前から流行っています。わたしが目をつぶっていると「オキロー!」と起こす。次に子が目をつぶるので、「起きてー!」と起こす。そんな遊び。

そしたら、きのう、目をつぶったまま歩いていた・・・ヨロヨロ。そりゃあんた、よろけるぜ。おもしろい・・・

あと、「いい顔」「ひょうきんな顔」「ヘンな顔」というのを使い分けることができたり。

なんかヘンです。あの人。よく踊ってます。

そんなとこです。

| | コメント (4)

旅行記

4月の終りに鴨川へ一泊旅行してきました。

目的はもちろん鴨川シーワールドでシャチを見ることです!
イルカと泳ぎ、クジラも見にいったわたしですが
シャチだけは見たことがなかったので、もう楽しみで楽しみで。

息子は動物(特に犬と鳥)を見ると「ああーっ!」と雄叫びをあげるようになったので
シャチを見てどんな反応をするのか楽しみでした。

決定的瞬間を収めた名カメラマンわたくし。

P1010873

そのとき息子はこんな顔…

P1010877

完全にフリーズしています。
トドを見ても、セイウチを見ても、イルカを見ても、なんの反応も見せず。
毛が生えていないとだめ?

P1010883

ショーが終わったら、めちゃ元気な息子。大好物の干しイモを片手に闊歩。

というわけで、シャチに会えて喜んだのは母さんだけでした。
だって、すごくかっこよかったよ!!

夫は一言、「目がどこにあるかわからない…」と呟いていましたが。

さて、気を取り直してお宿へ。
安房小湊の三水ホテルに泊まりました。

温泉宿での正しいくつろぎ方。

P1010893

おいしい海の幸をたらふく食べて、幸せな一日でした。
窓のすぐ外は海で、久しぶりに波の音を聞いて潮の香りを嗅いで
ちょうど満月が黒い空に光っておりました。五感が刺激されましたよー。

翌日は海でも遊んだよ!

P1010912

はじめての海に笑顔な息子ちゃんでした。

P1010907

ああ、やっぱり千葉ラブ。

| | コメント (4)

北海道

北海道へ行ってきました。札幌に2泊とニセコに6泊。

P1000370_4P1000377_2P1000395_2

念願の旭山動物園にやっと行けました!たしかに話に聞いていたようにそんなに広くもないし、珍しい動物がいるわけでもないんだけど、動物自体を見ているのが大好きなため、余裕で閉園まで居続けてしまいました。チンパンジーの赤ちゃんがかわいかった。あとサイのノシオ。

余市で食べたいくら丼、山盛りで1300円。いくらが余るくらいの配分でいけるのです。しかもプチプチ。人生で一番のおいしさでした。

それからニセコに移動し、羊蹄山を眺めつつ、ペンションの部屋でのんびり。貸切風呂でも山を眺めつつまったり。ニセコはなんにもないところなので、なんにもすることがなく、ダチョウ牧場にいって餌をやったり、ドライブしたり、日がな一日ぼんやりしていました。

旅行中にお腹の赤ちゃんがボコボコ動くのがはっきりとわかるようになりまして、飛行機に乗るとボコボコ、バスに乗るとボコボコ、レンタカーでもボコボコ。男の子か女の子かまだ知らないのですが、どうやら乗り物好きのようです。

最近、小さい子が照れくさそうに微笑みかけて手を振ってくることがあります。羽田でも手を振られたし。うちの赤ちゃんが見えているんじゃないかと、旦那さんと話していますがどうなんでしょうね。ふしぎ。

| | コメント (4)

旅日記~クリーブランド編

P1000261_2P1000277_2P1000287_2P1000297_2最後の目的地は、オハイオ州の都市クリーブランドでした。まあまあな大きさの街だけど、アジア人を一人も見かけないくらいアメリカの地方都市っぽい雰囲気でした。

着いた日は、取引先のご一家にディナーをご馳走になってしまいました。アメリカの『料理の鉄人』のチャンピオンのお店だそうで、おいしかったです。豚の耳のから揚げがおいしかったな。男性陣4人がスポーツの話で盛り上がる一方で、社長の奥様が(といっても孫6人のおばあさま)たくさん気を遣ってくれて、わたしに話しかけてくれました。「日本人は魚を焼いたり煮たりすることはあるの?いつも生で食べるんでしょう?」とか「日本人はチーズを食べないと聞いたけど、本当?」とか、不思議なことを質問されました。もっと英語が話せればよかったなぁ。。。

最終日は旦那さんがお休みだったので、野球とバスケを見に行きました。プロのチームがあるのです。みんな愛郷心がすごくって、子どもからおじいちゃんまで、チームのユニフォームを着て応援していました。調子に乗って、わたしたちも野球帽を買って街を歩いていたら「今日見に行ったの?試合勝った?」「NO~!」なんて話しかけられたりして、地元民風になってしまいました。ショッピングモールには「100均」ならぬ「a dollar」があったのがおもしろかったです。

ウチの旦那さんは、この頃には耳が慣れたのか、思っていた以上にペラペラと英語を話していたので、すっかりアメリカ人になったかと思いました。だから名前もアメリカ人風に呼ぶことにしました。わたしは話は全部わかるんだけど、英語が出てこなくてもどかしかった・・・なんとか話せるように努力するべきですよねぇ。そんなわけで、旅日記もこれでおしまい。ああ、またどっか行きたい。

| | コメント (0)

旅日記~NY編

旦那くんのおしごとの次の目的地は、ニューヨークです。飛行機を乗り継いで移動~。ほのぼのしたオランダのあとに、NYという大都会についた晩、興奮したのか旦那くんが鼻血を出しました(^_^;) でもその気持ちがわかるくらい、NYのテンションは高い!毎日がお祭りみたい。

P1000127

P1000160P1000141_3P1000166泊まったのはブロードウェイのそば。眩しい世界。セントラルパークのジョンレノンの記念碑を見に行ったり。ブルックリンブリッジを渡ってみたり。メトロポリタン美術館は、「みんなのうた」で「♪メトロポリタンミュージアム」の歌をきいていた子どもの頃からの憧れでした。いろんな国のコーナーがあって、おもしろかったです。絵画と、ギリシャ彫刻と、日本の部屋がよかったな。

P1000218

P1000224

P1000253P1000238_2MOMAには一人で行きました。MOMAカフェで食べたチーズケーキは、ほんとうにNYチーズケーキだった!『オペラ座の怪人』をはじめてみました。衣装のきらびやかさと、歌声の迫力に鳥肌がたちました。 エンパイアステートビルにものぼりました。べたです。でもすごすぎる夜景。日本だと3時間待ちらしいけど、だれも並んでいなかったドーナツやさん。はじめて食べた。

東京と同じでしょ?なんてちょっとバカにしていた、NYでしたが、いえいえ、とっても刺激的で楽しかったです。もっといられたらもっと詳しくなれて楽しそう。

| | コメント (2)

旅日記~オランダ編

P1000032_2P1000029_2P1000044_3P1000035_2

アムステルダムいってきました。友達の案内で、地元の人がいくような小道をたくさん散歩できました。絵本の中を歩いているような町並みでした。花屋さんがあちこちに。生のミントがそのまま入っているフレッシュミントティーはほんとうにおいしかった。

P1000057_2P1000059P1000079_2P1000083_2

こちらは、キューケンホフの花の公園です。少し車で走っただけで、北海道みたいな景色。雨だし、まだ満開じゃないけど、色鮮やかなお花が迎えてくれました。八重咲きのチューリップがかわいかった!

| | コメント (0)

アムステルダム

にゃんと、ただいまオランダのアムステルダムにおります。
親友Soonaちゃんのお宅にお邪魔しています。
わたしの旦那さまの海外出張にくっついて、遊びにきてしまいました。
彼はいまドイツのフランクフルトにいます。
わたしも24日にフランクフルトに一泊しました。
ビジネス街で見るところもあまりないようなので、
先にアムステルダムに来てしまいました。

アムステルダムはとっても素敵な街です。
カワイイッ!! という感じのカラフルなオランダの雑貨やさんをのぞいたり
オーガニックなカフェで、キッシュとミントティーをいただいたり
のんびりとした楽しい時間が流れています。
もうすぐ臨月のSoonaちゃんのお腹の中から、ベイビーが蹴っているのがわかりました。
ベイビーも楽しいのね、きっと。

来た日は大雪で寒かったけれど、昨日と今日はぽかぽかお天気です。
Soonaちゃんと旦那さまのPaulにとてもお世話になっています。
二人ともご飯を作ってくれたり、Paulがデザートまで作ってくれたり。

わたしはお返しに二人をラブラブにして帰ります。
オランダはなんだかいいところだ。
お店の人も優しいし、街はかわいらしいし、お花がいっぱい。
お家もめっちゃ広いし、いいなぁ。
はぁ〜、しあわせ。

今晩、旦那さまがドイツから合流します。
オランダで一日仕事して、そのあとはアメリカへ。。。
うーん、ずっとオランダにいたいです。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧