もしも願いがかなうなら~

保育士のいとこに、この前聞かれました。

「もしHちゃんを預かるとしたら、今いちばん何がしたい?」と。

うおーー。いっぱいある。

焼肉食べに行きたい。

ラーメン食べに行きたい。カウンターのとこ。

でも、これらは最近の自分の胃をかえりみると、あまり現実的ではないので却下。

この前、旦那の誕生日に、奮発して国産牛ステーキを焼いたら、胃の大きさがはっきりわかるくらい痛くなったので。。。日ごろ和食ばかりなもので。

あとは、夜遊びしたい。夜の外出なんてとんとしていないもので。夜の空気恋しくてベランダで「すーはー」しております。

でもこれも、夜は息子のママっこっぷりがMAXになるので却下。

それで、何かな~と考えたところ、「コンドルズの舞台を見にいきたい!!」と思いました。

コンドルズは大好きな近藤良平さんのダンスユニット。

http://www.condors.jp/

最近は朝ドラの「てっぱん」のオープニングも振り付けたらしい。全然チェックしていないうちに、すっかり有名になったのか。本も今年出たのよね。タイトルはずばり『近藤良平という生き方』。もちろん買いました。

あー、かっこいい。あー、かっこいい。はーあ。

あとね、小林顕作さんも見たい。もう、オフロスキーだけじゃ我慢できまへん。あんな「いい人」っぽい顕作じゃなく、ダークなぎらぎらな瞳が見たいわぁ。ぽ。

そんなわけで、来年こそはコンドルズを見にいきたいなぁ。子どもを連れて行こうかとも思うのだが、あの爆音に耐えられるのか心配。人形劇とかダンスは楽しんでくれそうだけどなぁ。お腹の中にいるときは行っているのだけど。

ためしにコンドルズのドキュメンタリービデオを見せて、オフロスキーの人だよ、と教えたら、もう一回もう一回!!と、そこばかり何度も見ていた。

どうか来年はいけますように。なむなむ

| | コメント (0)

近藤さんと写真

(長くなってしまったので、おひまなときに読んでね。)

大好きなコンドルズが、我が町所沢にやってくるヽ(^o^)丿!!

ということで、自転車でもいける距離のホールへ公演を見にいってきました。

コンドルズって、こんな人たちね。

http://www.condors.jp/index2.html

昨年、突如ファンになってから、ちょこちょこ見に行っているコンドルズです。

9月の「沈黙の夏」以来の舞台でした。

そうそう、「沈黙の夏」は、今まで見た中で一番おもしろかったな。

「沈黙」という通り、ほぼまったく台詞がない中で進み

最後に胸キュンな台詞シーンがあるのです。

今回も、笑いすぎてホッペがつりそうになるくらいでした。

そして、切なくもなるのです。

ものすごいスピードで場面が切り替わり、「えっ」と思っているうちに次のシーンへ。

ま、うまく説明できないんですけど

言葉で説明できてしまうような舞台じゃないってことは確かです。

空席が目立ってしまったのが残念だったけど、

おかげでイシブチさんが隣に座ってくれました。

客席に降りてきて客いじりしたりもするんですよ。

終演後、ロビーに、めずらしく近藤良平さんが出てきました。

すかさず写真を一緒にとってもらいました。

旦那くんに頼んじゃった。。。すみまへん

「B型はミーハーだ」と言われています。。。すみまへん

でも嬉しくて、しばらく携帯の写真を見つめてはニヤニヤしてしまいました。

近藤さんのダンスはとにかくかっこいいです!

人の体ってこんなに自由にしなやかに動くのかと、いつも感動してしまいます。

ソロもかっこいいけど、人と人との組み合わせで動いていくのもおもしろい。

日常的な動きなのに、芸術的なのです。

次は2月に渋谷NHKホールを見に行きます(^^)v

青山劇場はとれなかった・・・即完売なんだもの。

コンドルズもっと見ていきたいなぁ。

同時代に生きて目撃できてよかったなぁ。

| | コメント (0)

こんどうさんとたいそう

こんどうさんが、わが母校の立教大学で講演をするというので

はりきって行ってきました。

ほんとうは、豊島区のこどもを対象とした

「豊島こども大学」の授業の一環なんだけど

一般もOKってことだったので、だんなと二人で。

子づれじゃないのが目立つくらい、会場はこどもばっかり。

ぎゃぁーぎゃぁー!! と遊んでました。

こんどうさんは、教育学部をでているくらいなので

こども扱いが抜群にうまい。

「じゃあ、これできる~?」とこどもを挑発して

おもしろい運動をさせて、大笑いさせていました。

会場せましと、電車になって走るこどもたち。

後半は、待ちに待った大人も参加できる「こんどうさんちのたいそう」。

わ~本人に習ってる~! といううれしさで笑いながら

たいそうしてきました。

のびるのびるー

こり固まったからだが少しほぐれたよ。

ちなみに、立教大学はものすごーく綺麗になってました。

真新しい建物があっちもこっちも建っていた。

時代はめぐるのね。。

| | コメント (6)

THE BEE

お芝居を見にいってきました。

野田秀樹の「THE BEE」。

http://www.nodamap.com/02thebee2/gaiyou.htm

最近のわたしのお気に入りの近藤良平氏が出ているからです。

(しかも金券ショップで定価以下で発見!)

もともと、お芝居ってちょっと苦手です。

なんか閉塞感があって疲れるのよね~。

でも今回はぐんぐんひきこまれる展開でした。

4人芝居で、一瞬のうちに演じる人物が変わっていくのも見どころ。

一枚の大~きな紙が吊りさげてあり

それが家にもドアにも窓にも封筒にも早変わり。

映像技術ってすごいんですね。

しかし、最終的には、子供へのあまりの残虐さと

繰り返されるレイプシーンに気持ち悪くなりました、ハイ。

野田秀樹。。。頭が良すぎる人の芸術ってわかんない。

狂気をひめた暗さなんだもん。

おえーっ

| | コメント (0)

コンドルズ

「こんどうさんちのたいそう」の近藤さんにはまってしまいまして。
近藤良平さんはコンドルズの主催しています。
http://www.condors.jp/

おとといトークショーを見に行っちゃいました。
近藤さんはゆっくり話す人で、テレビよりステキでした。
面白くて知的そうでいいなぁ。

きのうはそのコンドルズの公演を見にいってきました。
演劇、ダンス、人形劇、影絵、映像と盛りだくさんの舞台です。

こまぎれでスピーディーな展開と
くすり と笑ってしまう感じは
モンティパイソンみたいです。
NYタイムズに、そう絶賛されたそうな。
海外ツアーもしているコンドルズ。

わたしにとっては演劇はイマイチだったけど…
ドリフの合唱のパロディーとか、全身ももひきで踊るダンスとか最高。
影絵や映像は、哀愁あってラブな感じ。

なによりもダンスがかっこよすぎてかっこよすぎて
ほれぼれーーーーー。。。。
帰りに旦那くんに「近藤さんかっこいいね! ねっ!」と
まくしたててしまいました。

コンテンポラリーダンスってもっとわかりにくいものかと思っていたけど
すっごくおもしろくて、刺激的で、いいもの見つけてしまったわ〜。

コンドルズ売れちゃうかな〜。
わたしが目をつける人はそこそこ売れてしまう実績があるので
早いうちにもっと見ておきたいです〜。
要チェック。

| | コメント (0)

こんどうさんちのたいそう

作詞:近藤 燈子 勝山 康晴
作曲:近藤 良平

♪万事オッケイ ラッケイしよう
春夏秋冬 ラッケイ ラッケイ
チュウフ ウンモン テンプ キョウハク
明日は明日の風邪知らず

万事オッケイ ラッケイしよう
古今東西 ラッケイ ラッケイ
ショウヨウ ジカン サンカン ゴウクウ
目鼻スッキリ 歯茎もバッチリ
体の中の魔法のボタン

シンケイ シンポウ サンショウケイ
気力 体力 ちるちる満ちる
ハッピー ハッピー ゴー ラッケイ
体の奥の神秘のボタン
五臓六腑がグ〜ルグル
森羅万象グ〜ルグル

ハッピー ハッピー ゴー ラッケイ
ラッケイ ラッケイ ラッケイしよう
ショウキュウ シハク コリョウ チソウ
サンリ ナイテイ お腹もごきげん
オッケイ ラッケイ 失敬します

歌詞をいただいてきちゃいました

うはは
近いうちにライブに行くぞう

| | コメント (0)

こんどうさん

NHK教育「こんどうさんちのたいそう」や
サラリーマンNEO「サラリーマン体操」を振り付けしている近藤良平さんが
気になって気になってたまらなくなってしまいました

今月の「マンスリーパパサウルス」(これもNHK)で
娘と遊ぶ姿を見ていたらなんだかファンになってきてしまいました

さっき検索してみたら
「コンドルズ」を率いてるらしいのだが
彼はダンスの人なのか、バンドの人なのか
さっぱりわかんないの

でも同じ西武沿線に住んでるみたいなの
(パパサウルスで娘と散歩してるとき西武鉄道の看板があったから)

ああ〜気になる〜
♪らっけいらっけいこうらっけい

| | コメント (0)