« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

沖縄の旅

沖縄に、いってきました。
雨の中飛行機も無事について。

スコールのように突然どしゃどしゃと降ったりやんだりの天気でしたが
ちゅら海水族館に行ったり、ドライブを楽しんだり、リゾートでのんびりしたりで
楽しく過ごせました。

わたしも妊婦なので、そのくらいゆるい過ごし方の方がよかったし
息子はコテージの広いベッドとお風呂にはしゃいでました。
今回泊まったのがちょっと隠れ家的なリゾートだったんですが、
つんくがいた! かわいい子どもたちといいパパ風味だった。
(そんなによく見てないけど)

長年の憧れの沖縄はやはり、なんともいえないいい感じでした。

今回は本島だけなので、わりと都会というか、観光客も多いし基地も多いし
那覇に行けば原宿みたいだったけど
今度は離島にぜひ行ってみたくなりました。

最終日に晴れ渡った青い空と蒼い海を見て、胸がきゅんとしました。(死語ですか?)

沖縄のことばも懐かしくて、「○○しましょうね~」の響きがかわいくて大好き。
みんな優しくてよくしゃべるし、あたたかいです。

もう、帰りたいです。沖縄に。
帰りに空港までのったタクシーの運転手さんが
「今度は秋か冬に来るのをおすすめしますよ」と言っていたので
木枯らしの冬を抜け出して薄着でいってみたいな。

息子は、久々に公園で思う存分遊んだり(こっちは暑くてへろへろになったけど)
はじめて大きなプールに入ったりと、彼なりに楽しかった様子。
3泊目には「めめのおうちに帰る!」と言い出したので、3泊が限度っぽいこともわかり
勉強になりました。

また行こう。

P1030320

おひめさまベッドと大きさ比べ

P1030372

はじめてヤドカリと出会った

P1030390

海は足だけだった。しかも1分で飽きる

あ、書き忘れましたが、沖縄料理がめちゃくちゃおいしかったです。

フーチャンプルー、ゴーヤチャンプルー、島豆腐、海ブドウ、沖縄そば、

グルクンのから揚げ、揚げ出し豆腐、ドゥル(田芋)の天ぷら、もずくの天ぷらetc

なかでも、古民家レストランで食べたアグー豚のしゃぶしゃぶが、いままで食べたことのないくらいおいしかったです。

おすすめ。ああ、よだれが。。。

http://www.ufuya.com/

| | コメント (0)

沖縄

ども。明日から沖縄にいくことになっている我が家です。6月の終りは梅雨明けもして暑すぎず、いい天気だってきいていたのに、まんまと台風がきております。飛行機飛ぶのかな・・・。十数年来の片思いの沖縄にようやくいけるのに、全部雨になりそうだ。帰る翌日から晴れるらしい。まあ、それもいいか。

大学一年のときに、クラスに沖縄出身の男の子がいて、別に好きなわけじゃないけれど、なんだか仲良く話したりしていた。いつもほのぼのとしていて(別にそういうつもりもないんだろうけど)、朴訥としていて、東京っぽくなくてよかった。

わたしが「珍しい名前だよね。へー、沖縄人なんだー!」と言ったら「沖縄人って・・・」とみんなにひかれたのですが、別に他意はなかったんだけどなぁ。

そんな彼が、秋の日の授業の帰りに、道端でしゃがみこんで何かを袋に入れていて、「何してるの?」と聞いたら、沖縄は紅葉しないから葉っぱを拾っているんだと教えてくれた。そういうのも、なんか新鮮でよかった。それまで落ち葉なんてどこにでもあるものだと思ってたのに。18歳の子が葉っぱを拾う姿が、なんかよかった。

それから沖縄が気になり始めた。

大学の友人でも沖縄に一人旅をする人が多くて、ダイビングでマンタを見た話とか、竹富島がとにかくいいので行ってみてとか、憧れの話をたくさん聞いた。

沖縄料理も好きで、よく専門店に食べに行ったし、沖縄のお麩をかってきてフーチャンプルー作ったりした。

それからまた月日がたって、沖縄出身の女性とも仕事した。彼女はすごく直感の鋭い人で、わたしのことをいろいろわかってくれる人で、不思議なアドバイスをたくさんもらった。ユタの家系なんだったかな? 短い間だけどすごく仲良くなって、姉のような存在だった。

今年はようやく沖縄行きのタイミングがきたので、沖縄に呼ばれた感じがしてすごく楽しみにしているんだけどなー。明日、飛行機が飛んでくれることを祈りますー。ま、なるようになるかー

| | コメント (0)

あじさいの季節

あんまり間があいたので、どこから書いていいのかわからないのですが、怒涛の4月5月でした。というか、もう6月も半ばなのね・・・

えっと、まず、保育園!

保育園は諸事情により、4月をもって退園しました。
夜泣きがハンパなく、寝言が「お家帰る~!!」の毎日だった4月。
家でも笑わなくなり、病気ばかりで顔色も悪く。。
まあ、それでも普通は慣れるまではがんばるところなんですが
入園して3日目にあることが判明しまして

それが、わたくし、妊娠してました!
あー、びっくり。まだまだ先かと思いきや、授かってしまいました。
すぐにつわりが始まり、夜泣きに付き合ったり、イヤイヤ暴れる息子を抱きかかえて登園させるのもあまりにしんどくて。
お産の前後は里帰りすると思うし、そうなると長期休園しちゃうかもだし、色々悩んだ末、保育園を辞めることに。

いとこが先生をしている保育園だからこそ、安心してお世話になったのに、あっという間にやめることになり残念だったけど、
それでも言葉が増えたり、自分でご飯を食べるようになったり、歌にあわせてお遊戯をしたりと、たったひと月でも成長が目に見えて面白かったです。
鯉のぼりの工作は宝物にしようっと。

4月の時点で、息子2歳2ヶ月。まだまだ授乳を続けていて、本人がやめるというまであげようと思っていたんですが
お医者さんに「お腹の子に代わってお願いします」と言われるくらい、切迫流産ぎみだったので、仕方なくこちらから卒乳をお願いすることになりました。

やっぱり納得いかず悔しいらしくて、二晩は泣きわめいていたけれど、そのあとは納得して、すっと卒業してくれました。
「おなか、赤ちゃん、いたいいたい、言う。だから、ぱいぱい、ダメダメ」とかいって。母さん、ほろり。
でも理解力ある年頃になっていてよかったかも。お互い、納得の卒業でした。

本当に息子にとっては試練な4月になっちゃって可哀想だったけど、人生そんなこともあるよね。

いまでも毎日パイパイ見に来ては「えみちゃんパイパイすきよ~。顔もすきよ~。えみちゃんちゅきよ~」と言っています。
思わず「そんなセリフ、どこで覚えたの?」と聞いてしまった。
「顔もすきよ~」には笑った。

息子いわく、赤ちゃんが生まれたらまたパイパイ飲むんだって。
片方は赤ちゃんにあげて、片方は自分なんだそうです。

そんで、5月はつわりでダウン。何もできず、どこも行けず、寝ておりました。前回よりひどかった・・・
なのに、体力有り余るHさん。おじいちゃんおばあちゃんがたくさん相手をしてくれて、どうにか乗り切れました。

6月に入ってだいぶ体調も落ち着いてきました。いま4ヶ月。予定日は12月8日です。
また寒いな~

息子のHくんは、言葉が出るのが遅かったので心配していたけれど、ここへ来て、これでもかってくらい話し始めて面白すぎです。
「雨降りそうだね~」と言うと「じゃあ、ベビーカーカバー、一応もっていく?」とか言うし。
「一応、って覚えたんだ!(笑)」といちいちつっこんでしまう。

独り言もおもしろい。
「あれー?これどっちかなぁ?おとこかなぁ?おんなかなぁ?」
クマちゃんのぬいぐるみ持ちながら。

最近のツボだったのは、たまたまつけたワイドショーを見ながら「これ、なに?」と聞くので
「デーモン小暮閣下だよ」と教えたらそれから口癖が「デーモン小暮閣下」になりました。

あらゆる絵本のキャラクターを指差しては「デーモン小暮閣下!」といい、
にやり。と笑っています。言いたいだけなんじゃない?

相変わらず本が大好きで、最近は図書館で借りた「ももたろう」を日に5回くらい読まされています。
どうやら赤鬼ファンなので、「大工と鬼六」も好き。
息子が「おにろくっ!」と叫んでは、鬼が消えるところを延々やらされています(パパが)。

でも、よくあんな長いお話を最後までちゃんと聞いてるなー、と思うくらい本好きみたい。
ちょっとはしょると怒られるし。文字が読めないのに、よく覚えています。

個性がわかるようになってきておもしろい。
毎日「えみちゃーん、えみちょーん」とちょっと変化させて呼ばれたりして
本当に恋人みたいでございます。
すっかり「ママ」とか「おかあ」と呼ばれなくなってきた。
お母さんと認められていないのでしょうか・・・
ま、いいけど。

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »