« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

トランスパレント

前から探していたトランスパレント用紙、いつもの宅配で扱っていたので買ってみました!

もともとは北欧で凧を作るために使われていたという、トランスパレント用紙。半透明なので、これを窓辺に飾ったら、どんなに綺麗かなと思いまして。

今日は、午前中、雪もちらついて出かけられなかったので、息子と一緒にちぎったり折ったりしてみました!

わ~い、楽しい~♪

しばらくは息子も興奮して、ちぎって窓に貼っていたのですが、途中から飽きたらしく、ふざけ出したので、母は一人で作りました。

一種類しか作らせてもらえなかった…。もっといろんな形をつくってみたかったよー。
また今度こっそりやろうっと。

(息子はこういう工作系より、プラレールの方が楽しいらしい。母は、ああいうの組み立てる能力が低いみたい。この前、組み立ててくれというので、仕方なくやってみたのだが、25分かかっても線路が完成しないのを見て、息子がそっと箱にレールを片付け始めたときは、情けなかった…)

P1020904

☆は母がちぎりました。貼ったのは息子。

P1020905

緑の方は、数年前にお友達のうちの娘さんがお手紙といっしょに送ってくれた作品。気に入ってずっと窓に貼っていました。もうすぐ小学生ですねー。わたしの作ったピンクが仲間入り。別の形も作りたい~

トランスパレント用紙:こちらでも買えるみたいです↓
こびとの森

| | コメント (0)

アイドル話

すいません、カミングアウトします。
急にAKB48が気になってしまいました…

AKBなんて、始まった頃から知ってはいたけど、「あー、また秋元康がやってるのか」程度に思っていたのですが、板野友美が歯列矯正して、教育番組で踊っている頃から知っていたのですが、その頃は、まだ小野恵令奈がセンターにいて、後ろに地味な子いるな~、程度に思っていたのですが、今となっては「よく育ったね~」と思うくらいかわいい。。。

一気にオタクなわたしをカミングアウトしておりますが、大丈夫でしょうか? 笑

あー、なぜ急にこうなったかと申しますと、フラのあとランチをしているときに3歳の女の子が隣の席で「大きくなったらAKBに入りたい」と言っていたのよね~。それで、「ん?今の子はAKBに憧れるのね」と思ったのが一つ。

それと同じ日に、「渡り廊下走り隊」の特集をテレビでたまたま見かけて、「バレンタイン・キッス」を歌っているのを見て、「あ~、また同じようなことを凝りもせずあの叉焼みたいなおじさんがやってるのね…」と思ったのですが、一緒に懐かしの歌を口ずさんでしまったら罠にはまった、という感じです。

と、ここまでついてこれるでしょうか? 毒舌も大丈夫でしょうか? 笑

もうね、おニャン子クラブで育っているもので、どうにも、ああいう歌やら、女の子の取り揃え方やらに反応しちゃうというか。だって、おニャン子の歌、結構今でも歌えるし。小学生のときに「セーラー服を脱がさないで」を振りつきで歌っていて、おかんに怒られたな~、とか思い出し。「♪今はだめよー、我慢なさってー」だもんね。

そんなわけで、AKB48のプロモーションビデオまでチェックしてしまいました…。「ヘビーローテーション」のPVが異常にかわいくて、『この極彩色は何!? このエロティックさは!? 上品さと下品さのぎりぎりなバランス! あーでも、かわいい…。いったい何なのっ?』と思っていたら、最後のクレジットで蜷川実花の文字が…。すごく納得…。だから、その色、そのセンスなのね。蜷川実花を使うとは。

あ、ちなみに「ポニーテールとシュシュ」のPVも好き。

はー、現代のアイドルもすごいわー。ほんと、秋元のおっさんのやり方にみんなやられているのですね。悔しいけど、やられる…。大人になって、このやり方はひどい、というのがわかるだけに悔しい。けど、簡単にやられる…

いつの世も美少女っているのですね…
旦那さんにそのようなことを熱く語ったところ、「今のアイドルの方が露出多いよね」、との感想でした。

そこかよっ!?

そうだったかしらねー。歌詞は昔の方がかなりすごかったよねー。

そして、今日、本屋でAKB48公式ブックみたいのを見かけ、思わずちらっとめくったら、カツマーみたいな秋元才加のページを開いてしまい、そっと閉じました…。

息子に表紙を見せて、「どの子が好き?」と聞いたら、ううんと首をふりながら「おっかあ!」と言ったので、「わかってるな~!」と言って、ほっぺをむぎゅむぎゅしておきました。

ああ、そんな話。どうしても書きたくなっちゃってすいません。
ああ、まだ言いたいことはたくさんあるが自粛します。誰か語り合える人いないかなぁ。

| | コメント (2)

おっかあ

それは息子2歳の誕生日の朝のことでした。
目覚めると一言「おっかあ」と。
ん?
わたしのこと?
昨日まで確かあなた「ママ」って呼んでましたよね?

我が家では、親は自分のことを「お父さん」「お母さん」と呼んでいるのですが、他の人たちが「ママ」と呼ぶので覚えたらしく、ずっと「ママ」と呼ばれていました。『期間限定で男の子に「ママ」なんて呼ばれるのもなんかかわいくていいかも~♪』と思っていたのですが、終りは意外と早くやってきたのであった…

「あれ?ママって呼ばないの?」と聞くと、首をふりふり、「おっかあ!」

「なんで急に。2歳になったから?」と聞くと、

指を一本たてて「ママ!」、次に指を二本たてて「おっかあ!」と言いました。

この人、2歳に見えて中身は大人なんじゃないかと思うときがあります。

それ以来、すっかり「おっかあ」になっちゃった。フラのお友達には「『おしん』の香りがするね」と言われました…

「おかあさん」とは呼びたくないそうです。たまに「おっかあママ」と言います。そして「おかま!」というときもあります・・・

最近は、魔の2歳児っぷりを発揮して、道の真ん中で大泣きして座り込んだりしています。よく見かけた光景を自分たちがやっていると思うと、笑ってしまうわ。もちろん苦笑ですけどね。

寝たふりブーム続行中。

P1020829

このあと、同じことを母もさせられる…(お見せできません)

いつも、面白い顔しかのせてないので、悪いなと思って
「じゃあ、かっこいい顔してみて!」といったらこんな顔でした。

P1020868

なぜ、耳を引っ張っているのだろう。
何度も「それがかっこいい顔?」と確認したのですが・・・

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »