« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

ボケ担当

きのうで息子が2歳になりました。周りの方には「あっという間だね~!」といわれますが、親としてはようやく2歳になってくれた感が。2歳になったかぁ。感慨深いわぁ~。

誕生日は特に予定もなく二人で過ごしたのですが、まあ、彼の好きなことをさせるのが一番かなと思って、公園散歩して、大好きなねこちゃんを見たり、橋の上から池に向かってシャボン玉をしたり、電車を見たり・・・

っていつもと一緒ですけど・・・

夜はちゃんとパパが買ってきたケーキのろうそくをフーして、お祝いしました。2歳になったこともわかっているらしい。

しかし、このところ、ひょうきんぷりがますます目立ちます。完全にボケなのです。いちいちツッコミするのが大変です。つっこむまでボケ倒すし。

結構大きな花瓶を持ってきて、「お茶、どーじょ」というので、飲むまねをして、「あー、おいしい。・・・って、これお茶じゃないよっ!」というと、クフフっと笑います。そのあと、自分でも「あーおいし・・・って、△○△○っ!!」と、ノリツッコミして笑っていました。

最近のもちネタ顔芸は、かわいいねこちゃんと、怖いねこちゃんです。ねこ好きなのに、怖い顔のねこちゃんも演じております。

あとは、パジャマのズボンを履くときに、わざと同じ方に両足入れて「おー?」とボケる、とか。(毎回やる)

写真をとるときはわざと目をつぶる、とか。

いちいち笑ってしまいます。わたしが笑うからウケると思ってやるんだろうな。ま、面白い子ども好きなので、よかった。ちょっと変で。

以下、写真をご覧くださいませ。

息子がついに撮りテツに。。。のすたるじー。

P1020750_2

ケーキを頬張りながらも、目をつぶる。

P1020777

笑いながらも目をつぶる。

P1020782

かわいいねこちゃんのまね。

「にゃーお」と言ってます。

P1020693

怖いねこちゃんのまね。

ほんとに怖いのでお気をつけてごらんください。

・・・。

P1020689

| | コメント (6)

おもちゃ棚

この2年間、おもちゃが増えつづけ、最近では置き場がなくなってあちこちの床が定位置のようになってしまいました。さすがにこれは掃除のたびに邪魔なので、おもちゃ棚を新設することにしました!

いままではおもちゃ棚は和室においておいたのですが、いっそのことリビングに。いつもここで遊んでいるし。リビング用の棚を買い換えて、前に使っていたのを息子用に。

ごらんください。ジャーン!

P1020658_3

シュタイナー教育のまねをして、自然素材のかごを並べて、ここにおもちゃを収納しようかと。かご大好きなのです、わたし。集めてディスプレイしてみてうっとり~☆

思い入れもあるんです。あのかごは、ハワイから持ってきたもの、あれは、友人が結婚祝いに作ってくれたもの、あれは母からもらったもの、あれは一目ぼれして買ったもの…。(実はこのほかにも、まだあるのです。いい形のかごを見ると手が伸びてしまい、旦那さんに呆れられる…)

このまま眺めていたいけれど、それじゃしょうがないので、ここにおもちゃを入れてみます。

木のオモチャがいいな、と思って、義父母に買っていただいたシリーズ。

P1020662_3

こちらは、シュタイナーのバザーで買った自然素材の手作りおもちゃ。異常にかわいい。。ときめくわー☆ (息子はそうでもないらしい・・・)

P1020663_3

そして彼の大好きなプラレールやブロックや絵本をつめると、こんな感じになりました。まだ、他にも一箱あるし…。この棚に、ちゃんと片付けてくれるようになることを祈る!

P1020666_3

| | コメント (4)

かえるクン

P1020649 こちら、息子の親友の「かえるクン」です。どこでも見かけないこのキャラ、いとこの写真の作品展を見にいったら、いとこの友達がくれました。それ以来どこにいくのも「かえるクン」といっしょです。

チャイルドシートもベビーカーも、かえるクンといっしょなら座ってくれます。ごはんやお茶も、「どうろー(どうぞ)」とかえるクンに先にあげてから自分が食べます。着替えを嫌がるときも、かえるクンと同じ赤白のしまのシャツなら着ます。

助かるぜ、かえるクン。グッジョブ!

さて、先週から親子ヨガに行きはじめました。フラは大泣きするのに、ヨガは体勢が低いからなのか?、まったく泣かずにご機嫌に遊んでくれていました。これならやっていけそう! と思った矢先、どうやらノロウイルスをもらってきたらしく、翌日からが大変でした・・・

(お食事中の方、読まないでね)

こんなに嘔吐下痢がひどいとは。こっちもはじめての経験で慌てふためいて、何度も両手で受け止めてしまった・・・。早く洗面器という文明の利器に頼るべきだった。受け止めながら「こうして人は親になるのね」なんて、しみじみと感じておりました。不幸中の幸いだったのは、夫が出張中で実家に帰っているときだったので、洗濯と食事作りは母がしてくれたことです。医者にいくのも、父が車を出してくれたり。ほんと、一人だったらパニックになってしまいそう。

三日三晩看病して、ようやく普段どおりの元気が戻ってきたのですが、はい、もちろん、わたしもうつりました。あー、気持ち悪かった~。(そして母もうつったらしい・・・)

そんなところへ、以前勤めていた出版社の方からお仕事をいただきました。テキスト入力なので自宅でもできるし、息子も落ち着いてきたから大丈夫だろうと思って引き受けました。

久しぶりにお仕事をして、OL気分を味わえて楽しかったです。やっぱり仕事って楽しいわ。子どもの話題以外のことで人と会話できるって新鮮! 楽しい。土日にかかったので、夫が子どもの面倒を見ていてくれて助かりました。

そんなこんなで、1月があっという間に過ぎていきます。実は年末からずーーっと体調が悪くて、あまりぱっとしないのですが、それでも楽しいこともありつつ、日々は過ぎていきます。

もうすぐ2歳だな~。不思議。あの人は、いまでも不思議な行動をして笑わせてくれます。「ジッチョン・ジッチョン!」と言いながら、変な歩き方をしたり、わざと怖い顔をして走ってきたり。

きのうは、台所からボールとトレイを5つ持っていって、「お茶!」→飲むまね→「あーおいり!(おいしい)」、「ビー!(ビールのこと)」→飲むまね→「あーおいり!」、「ジュー!(ス)」→飲むまね→「あーおいり!」をくりかえしてから、急に床につっぷして寝たふり。

という演技?をしていました。お父さんがビール飲んですぐ寝ちゃうからかなぁ?謎。

言葉が出はじめて、病気も乗り越えて、「自我」も発達してきたのか、ちょっとしたことで大泣きしたりしはじめました。これがよく聞く、魔の二歳というものか・・・

その泣きっぷりたるやすさまじく、我が家では「絶望絶叫」と呼ばれています。この世の終りみたいに泣くんだもん。たとえば、いちごを自分で洗いたいのに、わたしがささっと洗っちゃったときとか。めんどくさい・・・

みんな世の親というものは辛抱強いのだねー。尊敬しますわ。ひとごとみたいだけど。

| | コメント (2)

2011

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

冬休みに入ってからすっかり宵っ張り&朝寝坊になっております我が家です。今朝も起きたら10時近くだった…(息子も起きない)

今日はわたしの実家に遊びに行き、いとこたちも一緒に行ったので、総勢9人で賑やかに過ごしてきました。いとこたちにもそれぞれパートナーがいて、みんな大人になったな~と思う反面、子どもの頃と変わらない気楽さもあり、楽しい時間でした。ご馳走を作ってくれたお母さんもおつかれさまでした。ありがとう。

息子もみんなにチヤホヤされて、終始興奮していました。持ちネタの「1・2・3・ダー!!」を披露しておりました。みんなの名前も呼べるようになり、最近はパパのことも「おとー、さん」と呼ぶようになりました。

明日は夫の実家に行く予定。これまた楽しみです。

お酒が飲めないわたしですが、甘酒だけは大好きで、ここのところ、毎晩これでほろ酔いです。子どもの頃はおばあちゃんが作ってくれて、湯のみにいれて、二人で赤い顔して飲んでいました。だから今でも甘酒を作ると、二つの湯のみにいれて、一つはおばあちゃんにどうぞって置いておきます。きっと飲んでくれているはず。

あー、酔った。

そんなわけで、みなさま
今年もスーパー幸せが満ち溢れる一年にしましょう☆

| | コメント (4)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »